会社情報



社長挨拶
 

 「友達とモノを創る」思いを抱いて会社を設立しました。みなさまのおかげで、20年目を迎えることができました。
 これまで、土木設計・建設現場で困っている現場の声を拾い上げ、土木関係の製品開発と建設会社に向けた技術支援を中心に業務を行ってきました。原点にあることは、自社がお世話になっている建設業界に貢献することです。
 そのために、最終顧客である社会資本整備の利用者である「住民」と、整備を進める「施工業者」に必要とされる会社を目指して日々努力しています。
 平成18年にTOC(制約理論)と出会えたことで、会社経営の目的である「何のために」「誰のために」を真剣に考えて行動できる会社に変化してきました。
 平成26年に、幼児の弱視の割合が1%以上であること知り、幼児期に弱視を見つけ出せる可能性が高い「視力検査方法」を商品化して、新事業をスタートしました。
 会社が存続するかぎり、今まで以上に必要とされる会社を目指して、少しでも社会に貢献できるように努めて行きます。

令和 2年12月20日
                          有限会社 創友
                            代表取締役 宮崎 洋一
 


会社概要
 
会社名   有限会社 創友
設 立    2000年12月
所在地   高知市北本町2丁目1番12号 TheCase高知駅前ビル5階 
          TEL:088-878-1322 FAX:088-878-1412
代表者   代表取締役 宮崎洋一(技術士 建設部門)
社員数   2名
事業内容  
・コンクリート二次製品の開発・販売・企画
(自社開発商品:かんたん側溝、プレガード、TPプレガード、SF工法、3Sフェンス、
           SRフェンス、RSガードフェンス等)
・TOCを活用した建設会社向けの経営コンサルタント
・土木環境商品等の販売(安全建設気象モバイルKIYOMASA、アリオレス等))
・視力検査器具販売(三歳から楽しくできる「たべたのだあれ」)(平成28年10月)


経営方針
社員が幸せになり、お客様が喜び、社会に貢献できる近江商人の「三方良し」を目指して行動します。
@顧客が120%以上満足できるホンモノの製品、サービスを提供します。
A笑顔と笑いと喜びあふれる社内環境を目指します。
B雇用と納税ができる企業とにより社会貢献します。


沿革と商品開発等
平成12年12月
平成13年
平成14年

平成15年
平成17年
平成19年

平成21年

平成23年
平成24年

平成26年


平成27年
平成28年



平成29年
平成30年
平成31年
会社設立
かんたん側溝の販売開始
プレガードの開発し販売開始
AMP工法で国土技術開発賞(入賞)(国土技術研究センター)
高知県経営革新(15年3月)
TOCの理論を基に建設会社の工程管理の支援業務を開始
任意団体 三方良しの公共事業推進研究会に入会
プレガードの連結部分で特許取得(第4005786号)
SF工法を開発
SF工法で第24回 高知県地場産業奨励賞
高知県建設チャレンジ企業認定(23年3月)
SF工法で特許所得(第5110479号)
TPプレガードを開発
本社を現在位置に移転
経営革新等支援機関に登録(20140407四国第36号)
会社の定款を変更して視力検査器具の開発を開始
視力検査キットの特許取得(第5828202号)
「たべたのだあれ」商標登録(第5836546号)(28年4月)
3歳から楽しくできる視力検査「たべたのだあれ」を販売(28年10月)
第2回高知を盛り上げるビジネスプランコンテストの優秀賞
3Sフェンスを開発(コンクリート二次製品の上に設置する転落防止柵)
SRフェンスを開発(小規模落石の防護柵)
RSガードフェンスを開発(急速施工型車両用コンクリート防護柵)
SRフェンスで第33回高知県地場産業奨励賞

加盟・所属団体
 高知県倫理法人会
 高知県中小企業団体中央会
 高知市商工会議所
 TOC推進協議会
 日本技術士会
 日本土木学会
 日本道路協会
 高知県技術士会
 高知県橋梁会


HOME >>>