HOME >>   


プレガードU(PG基礎)


有限会社 創友


日経のケンプラッツ土木の記事(2009年12月1日)
「2008年度会計検査報告(2) 衝突荷重を考えずに擁壁を設計」のタイトルで掲載されています。

大まかな内容は、福岡県柳川市でブロック積擁壁の天端上に直接ガードレールを設置した。
しかし、車両がガードレールに衝突した時の衝突荷重を考慮せずに擁壁されていたと指摘を受けている。
結果、擁壁のコンクリートに生じる曲げ引っ張り応力度が不足、擁壁の転倒に対する安全率も許容値以下であった。
このため、57.5mの施工費の国費分の約500万は不当支出だと指摘された。

※平成11年度に改訂された「車両用防護柵標準仕様・同解説」、「道路土工―擁壁工指針」で、
衝突荷重を考慮することが明記されてから約10年になる。
しかし、改定前の基準で施工される構造物が残っているのではないでしょうか。
この辺が指摘されたように思う。他にも数件の指摘を受けたとも聞いている。  
今後は、衝突荷重を考慮した擁壁を施工することで、納税者である住民が安全・安心して通行できる
道路整備がされることを期待する。


開発の目的
開発会社
特徴
適用.・設計条件
製品規格
標準基礎構造図
設置歩掛り
製品等の写真
施工実績
参考資料
お問合せ先(県別)
経済比較
施工事例写真

ブロック・石積擁壁
L型擁壁
補強土壁
軽量盛土
盛土
水路構造


大型ブロック積み擁壁設計・施工マニュアルに設置例が
記載れていいます。
★技術の説明資料等は>>
会員専用





お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp


HOME >>