HOME >>   


プレガードU(PG基礎)


有限会社 創友

東名高速道路牧の原地区災害本復旧工事でプレガードUが採用
    
    

平成21年8月11日、午前5時7分頃、静岡県駿河湾を震源とする牧之原市地震により、東名高速道路 牧之原サービスエリア付近の上り車線の法面が突然崩壊し、道路の通行ができなくなりました。
災害状況は、牧之原サービスエリア付近の上り車線の盛土のり面が長さ約40メートルにわたって崩落しました。
路肩崩落の状態 (路肩より)(大豊建設株式会社ホームページより)



路肩崩落の状態 (路肩より)(大豊建設株式会社ホームページより)



応急復旧図 (NEXCO中日本 提供)



この復旧現場の完成形でプレガードU
(A種 500*1000*2000 24本)が採用されています。
(工事名 東名高速道路牧の原地区災害本復旧工事)

現在の状況


本線を下から見た状況です。少し、ガードレールが見えます。



施工されたプレガードの状況(1)



成功されたプレガードの状況(2)
開発の目的
開発会社
特徴
適用.・設計条件
製品規格
標準基礎構造図
設置歩掛り
製品等の写真
施工実績
参考資料
お問合せ先(県別)
経済比較
施工事例写真

ブロック・石積擁壁
L型擁壁
補強土壁
軽量盛土
盛土
水路構造


大型ブロック積み擁壁設計・施工マニュアルに設置例が
記載れていいます。
★技術の説明資料等は>>
会員専用





お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp


HOME >>