HOME >>




急速施工型車両用コンクリート防護柵

RSガードフェンス
Rapid Setting Concrete Guard Fence for the Vehicle

SK-180014-A(NETIS)

 標準構造

基本ブロック3個(L=5m)の両側に中間定着ブロック(ポケット付き)を配置する方式を標準とし、PC鋼より線(2本)で緊張スパン長を最長 30mまでとして全体配置を行ないます。製品間にはRSスペーサー設けます。


● 構造概要



● 標準断面構造図

SB種の断面寸法 製品の断面

■RSガードフェンス TOP
■開発の背景
■特徴・適用条件
■標準構造
■性能検証実験
■施工手順・設置歩掛
■施工実績
■車両用コンクリト防護柵
研究会員

 
 

■開発の背景 ■特徴・適用条件 ■標準構造
■性能検証実験 ■施工手順・設置歩掛 ■施工実績
■車両用コンクリト防護柵研究会員    


車両用コンクリート防護柵研究会
事務局
有限会社 創友
〒780-0056
高知県高知市北本町2丁目1番12号
The Case 高知駅前ビル5階
Tel.088-878-1322 Fax.088-878-1412
URL:http://www.soyu-ec.co.jp/
E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp




HOME >>