HOME >>

■SF工法 TOP

(スピードフォーム)工法
    
有限会社 創友

■特徴

工程/経済性/環境/施工性に優れます。

☆工程
 2割以上の工期短縮を実証できました。
実例として、高知県安芸土木事務所(小島急傾斜地崩壊対策工事:完成検査済)、施工延長L=38m、H2.5〜7mの変則的なもたれ式擁壁で標準方法で45日かかる工期が10日間短縮して完了しました。

●実例(小島急傾)


画像をクリックすると大きくなります。

●比較例
設定条件(標準的な路側擁壁)
:擁壁L=20m、H=5m、部材厚B=1.0m(ポンフ車の施工現場)
▲設定図面

▲設定日数
在来工法施経過表
打設番号 型枠組立 C0打設 止型養生 日数計
@ 1日 1日 (1日) 2日
B 1日 1日 (1日) 2日
A 1日 1日 2日
D 1日 1日 (1日) 2日
C 1日 1日 2日
F 1日 1日 (1日) 2日
E 1日 1日 2日
H 1日 1日 (1日) 2日
G 1日 1日 2日
I 1日 1日 2日
合計日数 20日
SF工法施工経過表
打設番号 型枠組立 C0打設 止型養生 日数計
@ 1日 1日 3日
A 1日
B 1日 1日 3日
C 1日
D 1日 1日 3日
E 1日
F 1日 1日 3日
G 1日
H 1日 1日 3日
I 1日
合計日数 15日
(止型枠は、コンクリートの脱型強度を確保するため1日の養生日を確保した計画としています)

短縮日数=20日ー15日=5日(25%短縮)

☆経済性
(レッカー車・ポンプ車利用の場合)
 ポンプ車・レッカー車で施工される現場では、利用回数が半減するためコスト縮減が実現できます。
 例として、L20m―H=5m擁壁で、ポンプ車・レッカー車を用いた施工が行われる場合、打設時のコスト縮減でだけで約17万円の削減ができます。
▲従来手法
・目地型枠 :5u×4,500円=22,500円(高知県の基準単価)
・レッカー車(ポンプ車) :10回 ×40,00円=400,000円
合計              422,500円
▲SF工法(定価比較)
・SF工法 :5u×9,800円=49,000円 (SF工法の暫定歩掛単価)
・レッカー車(ポンプ車) :5回 ×40,00円=200,000円
合計              249,000円
▲コスト縮減費用
425,500円― 249,000円=176,500円
工期短縮に伴う機械経費(工事期間に必要なバックホー、コンプレッサー等のリース代)、管理費(現場代理人の人件費)、人夫賃などは計上していません。単純な型枠代とコンクリート打設に必要なレッカー等で比較しました。

☆品質向上
 ・型枠を取り外すことがないために、養生が十分に確保でき、打設コンクリート表面の温度低下を防ぐことで、品質の良いコンクリートに仕上がります。

☆環境に配慮

 ・ポンプ車・レッカー車の回数の減少により、CO2の削減にも貢献できます。
 ・型枠廃材の減少に繋がります。

☆施工性が容易

 ・利用材料が軽量であり、施工組み立てが容易にできます。
 ・スレートボードは簡単にカットできるため、変化のある形状でも容易に対応ができます。
■SF工法 TOP
■開発の目的・経緯
■SF工法の基本的な考え方
■特徴
■材料特性
(主部材のスレートボード)
■施工手順
■設計歩掛
(高知県用・他県は変動あり)
■施工写真
■施工実績
■現場代理人等の声



お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail sumida@soyu-ec.co.jp


HOME >>