HOME >>   




工事評価点アップ・人材育成に効果を発揮
TOC-CCPMのプロジェクト管理手法
 


有限会社 創友
■ 支援実績

CCPMを活用した工事評価点アップ・総合評価方式の技術提案 ・人材育成

 平成18〜20年度の高知県のワンデーレスポンスプロジェクト事業で、 高知県TOC研究会のテクニカルリーダーとして、TOC−CCPMの指導を実施した結果、「現場代理人が成長した」、「会社の体質改善に役立つ成果が現れた」、「コミュニケーションが活発化した」、 「工事評価点がアップした」などの成果が現れました。
 それと、合わせて、プロジェクト以外の建設会社を指導した結果でも、同様の成果が現れています。
 70件以上の建設工事でCCPM工程管理を実施して行く過程で共通点があることが判明し、この共通点を中心とした工程管理を実施することで会社の体質改善に繋がっていく事が判明しました。
 現在、複数の建設会社のご支援を実施していますが、ある条件を満足して、工程管理が実施できた会社は、工事評点アップ・人材育成で確実な成果が現れています(条件を満足できない会社は成果が現れない場合があります。
 また、国土交通省の一般競争入札の総合評価方式の技術提案につきましても18年度からアドバイスを行っています。現場代理人、技術部長の頭の中の能力を少し引き出しただけで、某会社は、8回連続で技術評価部分は最高点の結果が現れています。
 その他の会社も単発的な指導ですが、提案書を数回やり取りしていくと、確実に良いものが出来上がってきています。
 全て、答えは現場代理人、技術部の責任者、技術屋自身が持ち合わせており、その現場に答えがあります。
 CCPMの考え方は、これらの答えを導き出す道具として上手に活用できれば効果が上がってくると思っています。

■TOC−CCPM TOP
■TOC−CCPMとは
■三方良しの公共事業改革
■ワンデーレスポンス
■テスト工事等の関連資料(発表資料含む)
■BeingProject-CCPMの
販売パートナー
■19年度(4月以降)の
ワンデーとCCPMの主な活動
■支援実績
■経歴
■TOC関連のリンク先

   



お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp

HOME >>