HOME >>   




工事評価点アップ・人材育成に効果を発揮
TOC-CCPMのプロジェクト管理手法
 


有限会社 創友
■  三方良しの公共事業改革

平成19年5月8日に、『三方良しの公共事業改革フォーラム』が延べ500名以上の皆様の積極的なご参加により、東京で盛大に開催されました。

 その最後に「三方良しの公共事業改革」が宣言されました。「我々は、公共事業を通じて国民の安心と国土の安全を守り、 より良い社会を築くことに貢献するという重責を、改めて強く 心に刻む。発注者と施工者が、社会に最大の利益をもたらすために、「良いもの」を「より早く」提供することを目指して、一致協力し、 全力を挙げて公共事業に取り組む。これによって、住民、発注者、 施工者の三方に利益をもたらし、ひいては財政の健全化にも 貢献する。我々は、この「三方良しの公共事業」を力強く推進していくこと」を、ここに宣言する(平成19年5月8日「三方良しの公共事業改革」フォーラム)。  すべての基本は、住民の安心・安全のために、住民良し、企業良し、行政良しの「三方良し」です。  
 

その後、毎年、セミナー等の実施、各地域で「三方良しの公共事業」について
セミナー等を実施しています。
その活動拠点は「三方良しの公共事業推進研究会」が行っています。



 2006年3月に岸良裕司さんが発注者起点の「三方良し」の公共事業改革の論文を発表されています。


■TOC−CCPM TOP
■TOC−CCPMとは
■三方良しの公共事業改革
■ワンデーレスポンス
■テスト工事等の関連資料(発表資料含む)
■BeingProject-CCPMの
販売パートナー
■19年度(4月以降)の
ワンデーとCCPMの主な活動
■支援実績
■経歴
■TOC関連のリンク先

   



お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp

HOME >>