HOME >>   




工事評価点アップ・人材育成に効果を発揮
TOC-CCPMのプロジェクト管理手法
 


有限会社 創友
■ 経歴

1959年生まれ 高知県四万十市の河口で18歳まで自然豊かな時間を過ごしました
1979年4月 第一コンサルタント(建設コンサル)入社
道路、河川、都市計画等の計画設計を主に担当
2000年12月 有限会社 創友・設立 代表取締役に就任
土木・環境の製品開発コンサルタント
 プレガード、かんたん側溝の開発・販路拡大等のコンクリート二次製品、を中心とした開発を実施してきました。 
 2005年、岸良裕司さんと出会いTOC-CCPMに魅力に取り付かれ、 勉強会を続けています。
 18〜20年度の3年間、高知県土木部でワンデーレスポンスのテスト工事のお手伝いをさせて頂きました。結果、予想以上の効果が得られました。
 現在、全国の建設業者に対してCCPMを活用して、地域に残っていける優良企業目指した指導をしています。    
 また、全国で総合評価方式の提案書の書き方の指導も同時に実施しています。指導した会社は成果が上がり、技術力が身についています。
 結果、受注した工事では工事評価点が向上しています。
 20〜21年の2年間は高知県公共事業再評価委員会の委員をさせて頂き、公共事業について原点を学ばせて頂きました。


資格・所属団体 技術士(建設部門)
TOC-CCPM(プロジェクトマネジメント)GSC認定スペシャリスト
BCA0認定 事業継続初級管理者
日本TOC推進協議会賛助会員
高知県専門家派遣員
高知県TOC研究会会員
日本技術士会員
土木学会会員、地盤工学会会員、日本道路協会会員

■TOC−CCPM TOP
■TOC−CCPMとは
■三方良しの公共事業改革
■ワンデーレスポンス
■テスト工事等の関連資料(発表資料含む)
■BeingProject-CCPMの
販売パートナー
■19年度(4月以降)の
ワンデーとCCPMの主な活動
■支援実績
■経歴
■TOC関連のリンク先

   



お問い合わせ 有限会社 創友   E-mail miyazaki@soyu-ec.co.jp

HOME >>