土木・環境 総合コンサルタント


有限会社 創友
更新日 2016/06/24





建設工事の工事評価点アップ、人材育成で成果を発揮する
工程管理手法(CCPM)


現場で工程管理を実施して行く中で、会社の体質改善(改革)が実現できます。
  結果、若手技術者の技術力、品質が向上し、社会の信頼性が向上します。
(総合評価方式の入札で勝てる会社への改革が進みます)


 




□ コンクリート二次製品
□ SF工法
□ 環境製品・危機管理


〇トピックス

二次製品用転落防止柵  
3S(サンエス)フェンスを開発しました。
new

・「プレガードU」が平成26 年度準推奨技術に選定されました。

・平成25年度のNETIS活用の発注者指定型で「プレガードU」が3位になりました。

・TPプレガードがNETIS登録されました

・TPプレガード(仮設用防護柵)が高知東部自動車道で
25年1月30日に施工されました。


・「仮設用プレキャスコンクリート製防護柵」
TPプレガードを開発しました。


・プレガードUが、ガードレール基礎ブロックだけのNETIS登録商品として、初めて「設計比較対象技術」に登録されました。

・SF工法の国土交通省 、林野庁の施工実績をアップしました。

・コンクリート構造物の工程を2〜3割短縮に効果が大きい
SF工法(スピードフォーム工法)
NETIS「SK-100001-A」 登録されました。


・東名高速道路牧の原地区災害本復旧工事でプレガードUが採用

・プレガードUに関する設計方針と今までの経緯

・SF(スピードフォーム)工法
コンクリート擁壁の工程を大幅に短縮


・衝突荷重を考慮せずに擁壁を設計して会計検査で指摘される

・プレガードU(SK-060003-V)は
NETISの事後評価(活用効果評価)を受けました。


・プレガードの施工延長実績が300km(21年12月)を超えました。

・プレガードが、農林水産省農村振興局の農業農村整備新技術データベース(新技術実績情報提供)の新技術導入推進農業農村整備事業にプレキャストガードレール基礎として登録されました。

・プレガード 「林道」 2006年9月に掲載されました

・[プレガード] 車両用防護柵標準仕様・同解説(H16.3)の連続基礎の計算例ついて、適用方法は、国土交通省 国土技術政策総合研究所道路研究部道路空間高度化研究の回答を頂いて設計しています(2004年10月20日)






会社概要
業務実績
CCPM工程管理手法
コンクリート
二次製品関連
SF工法
環境製品・危機管理
サイドマップ
お問い合わせ
自分自身が答えを
持っている 応援日記


〒780-0056
高知市北本町2-1-12
TheCase高知駅前ビル5F
TEL 088-878-1322
FAX 088-878-1412







お問い合わせ 
有限会社 創友  
E-mail
miyazaki@soyu-ec.co.jp